臨床心理士として活躍するかたわら、博士論文にて喫煙について信じられていることと禁煙に成功することの関連性について研究し、発表。依存プロセスと心理的依存の両方に精通している。そして「禁煙」を支援するグループとワークショップを運営し、70%という注目すべき禁煙成功率をあげた